インフラエンジニア未経験へ送る仕事内容

インフラエンジニアとは、インフラと呼ばれる水道・ガス・電気など必要物資を届ける仕組みをテキスト・画像・動画といったデータにし、その飛び交うデータ化したインフラをIT機器で整備する職業である。
未経験者は仕事内容がわからないと思うので、具体的に説明する。

まず一つは、インフラ設計があげられる。
これは特定の情報システムが正常に作動する基盤を作り上げるために、必要となるネットワーク等を企画書に落とし込み基盤作成書を作る作業である。
次に、インフラ構築である。
設計後に実際にインフラを構築する作業もインフラエンジニアが行う。
ソフトウェアの発注や機器の取り付けを行ったあと、負荷テストを行い構築したインフラによってシステムが不具合を起こさないか、限界がすぐ来ないかを調査するのも仕事内容のひとつである。
最後にあげられるのが、システムの運用・監視作業である。
設計・構築したインフラシステムを運用し、保守や監視を行うのもインフラエンジニアの仕事である。
また万が一障害が生じた場合、素早く復旧作業を行い、修正点があればその都度改善していきます。

具体的に仕事内容をあげると、とても難しく思われてしまう。
社会に不可欠なシステムを設計・構築・運用できると考えれば、自然と意欲が沸いてくるのではないか。
この業界は、やる気と努力を惜しまなければ、じっくり技術を成長させ、最速で3年で10年のキャリアの差は埋る。
そのため、未経験でも大いに活躍できる業界である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です